職歴の正しい記入例

工作經歷正確的書寫示例

>>>找工作?留學?考證書?日語口語提升專屬學習方案領取

1、短期間しか勤務していない場合でも、職歴はすべて正確に書く

1、即使你只工作了很短的時間,你也要準確寫下全部的工作經歷

2、社會人経験をベースに記入し、所屬部署、僱用形態を明記する

2、依據你進入社會以後的經驗明確寫出你所在的部門和你的僱傭類型

3、入社・退社の年は和暦か西暦表記のいずれかに統一する

3、入職、離職統一用和歷或西曆書寫

學歴と同様に、職歴欄も1行目には「職歴」と書き、その次の行から今までの職歴をまとめます。職歴は時系列で、短期間しか勤務していない場合でもすべて正確に書きましょう。「株式會社」を「(株)」などと省略せず、また、社名だけでなく所屬部署も正式名稱で明記します。部署異動や昇格があった場合には、その旨も記入してください。応募する職種に関連する職務內容があれば、採用擔當者の目に留まりやすいように「商品開発に従事」など、簡単な仕事內容を加えても構いません。企業の合併・買収などで社名が変わった場合は「○○株式會社(現△△株式會社)」と記入します。

與學歷一樣,工作經歷欄第1行寫着“職歴”,從第2行開始總結迄今為止你的工作經歷。工作經歷按時間排序,即便工作時間很短也要全部正確地寫下來。不能將“株式會社”省略寫成“(株)”,不僅要明確寫出公司正式名稱,還要把所在部門的正式名稱寫下來。如果有部門移動、晉升等,也要把情況寫下來。如果你從事的工作內容與應聘的有關聯,為了讓招聘負責人多看兩眼,可以加一些簡單的工作內容,例如“從事商品開發”等。如果公司因合併、收購改了名字,要寫上“○○株式會社(現△△株式會社)”。

正社員以外の勤務の場合は、「契約社員」などと書いて僱用形態を明記します。派遣社員の場合は、「○○(派遣會社名)より△△(派遣先企業名)に派遣」などとして、派遣元と派遣先を明記します。アルバイトでの勤務については、社會人になってからの就業期間が長い場合は記入するのが一般的です。アルバイトでの職務內容と応募先企業での職務內容が近い場合はプラスに働くこともあります。短期間のアルバイトに関しては原則として記入する必要はありません。

如果有正式員工以外的工作經歷,請明確寫出“合同員工”等註明僱傭類型。如果你是派遣員工,請寫明派遣方和派遣地,例如“○○(派遣會社名)より△△(派遣先企業名)に派遣”等。關於兼職的工作經歷,如果你已經工作了很長時間,通常要填寫這份工作。如果兼職的工作內容與應聘公司的工作內容相近還能加分。短期的兼職原則上就沒必要寫了。

また、転職活動が長引いた、病気で療養中だったなどの理由で無職の期間(ブランク)があっても、ここでは書かなくてもよいでしょう。面接などで聞かれた場合に、しっかり答えられればOKです。ただし、留學をしていた、介護をしていたなど、応募企業に対してアピールになる、もしくはやむを得ない理由での空白期間は「〇年△月 □□に1年間留學」などと理由を明記しておいたほうが親切です。

另外,如果有短時間因求職時間過長、生病修養等原因沒工作,在這裏也可以不寫。如果在面試的時候被問及,認真回答就好了。但是,空白時間是因為留學、陪護等對應聘有幫助的原因,可以寫上“〇年△月 □□に1年間留學”等原因,顯得誠懇。

退職理由は「一身上の理由により退社」と書くのが一般的で、具體的な理由は書かなくても問題ありません。すでに退職日が決まっている場合などは「退職予定」と書きます。職歴の最後には「現在に至る」と記入しましょう。賞罰がないときは、「経歴はこれで終わりです」ということを示すために、「以上」と右詰めで記入します。

辭職的原因一般都寫“因個人原因離職”,不寫具體的原因也沒什麼問題。如果確定了離職的日期就寫上“退職予定”。工作經歷的最後要寫上“現在に至る”。如果沒有獎懲,為表示“工作經歷到此結束”,可以右對齊寫“以上”。

 

商務日語會話【淘寶集運香港倉】
免費學習面試、自我介紹等職場日語常用表達

商務日語會話正式課程為48課時,包括辦公室內外、職場常用表達方式、商務活動、BJT考試備考四大單元內容。
>>有興趣的同學也可以直接查看正式課程

領取商務日語會話【淘寶集運香港倉】即可免費學習體驗其中7課時的內容,學習面試、自我介紹等日語常用表達。

>>免費領取課程

查看更多免費體驗課程

本內容為滬江日語原創翻譯,嚴禁轉載。